ABOUT

Known for his large-scale ball-point pen drawings of human figures, a contemporary artist, Tomori Nagamoto AKA tomolennon denotes urban isolation of individuals. The lines, which flow through repetitive motion, capture the essence of an individual’s fragile state. Through determination and control of his work, Nagamoto expresses the combination of the abstract mind with high realism drawings.

Nagamoto was born in Japan and established his artistic career in Canada. He was presented with the “Best Artist” – award from NOW Magazine in 2002 and EYE Magazine in 2003 as the best local visual artist of the year. He is best known for stylized and idealized figurative portraits of dreaming girls, a series of painting entitled “Sleeping Beauty”. In his latest installation work entitled Sakura, which had its successful premiered at UpART contemporary art fair 2009 in Toronto.

Over the past 12 years, Nagamoto’s works has been exhibited and published internationally. His work has been featured in books, magazines and other media including Matthew Fox’s “Cities of weather”(Cormorant Books), TV drama “Metropia”(Rogers OMNI), Bravo television’s Star Portraits series in 2010.

Tomori Nagamoto was born in Japan and now lives in New York, Toronto and Japan.

 

北海道出身。1999年よりカナダ、トロントを拠点にアーティスト活動を開始。ボールペンで描く巨大なセレブリティの肖像画など、現代の消費社会を風刺するコンセプチャルな作風が注目され、アート専門誌『アートフォーカス』主催のコンペティションでアワードを受賞(’00)。トロントの二大情報誌『NOW』(’02)、『EYE』(’03)にて “年間最優秀アーティスト賞”に輝くなど、コンテンポラリー・アーティストとしてカナダ国内において高い評価を得る。
その活動は、アートの枠を越えてファッションや音楽界にも広がり、個展「Sleeping Beauty (’07)」では服飾デザイナーとのコラボレーションによるファッションショーを開催、スターバックス・カナダ社や資生堂への作品提供、またジョニ・ミッチェルやロン・セクスミス、リサ・ローブなどのミュージシャンとのコラボレーションや、ジャケットデザイン、PV撮影に至るまで様々なメディアを駆使したヴィジュアルワークを展開している。
また英文による俳句とドローイングをミックスした「Hitch-Haiku(’08)」展を新機軸に詩人としての活動も本格化させ、自費出版した詩画集「Bittersweet Hotel (’10)」をアートフェア等一部の限定販売で1,000セットを完売し話題となる。その後もトロント市主催のアートフェア『Nuit Blanche(’12)』にて、地元の人々311名の肖像画と座右の銘を描く 「Life Lessons (’12)」プロジェクトを実施。 同名のコラムが地元紙に連載されるなど、執筆活動も盛んに行っている。

2015年、日本での活動を開始。歌手・山崎まさよしのデヴュー20周年を記念した『音のない山崎まさよし』展(蔦屋書店・大阪/湘南)や、城崎温泉での個展『温泉と名言』を開催。その制作風景を4ヶ月密着したドキュメンタリー映画『城崎にてアート』が公開され話題となる。カナダ時代の作品を集めた処女作品集『CA』刊行。現在、山陰地方(鳥取県倉吉市と兵庫県城崎町)に滞在し、制作を行っている。

略歴:

2016 年

11月—「温泉と名言2」を三朝温泉(鳥取)にて開催
「コウノトリ五人展」に参加(兵庫県豊岡)
10月—「川の風祭り」アート展(兵庫県竹野)に参加
5月 — 個展「wallflower」開催(鳥取県青谷)
— NTV系「ニュースEvery」にて特集
— 米子DARAZ FM局「Lunch Time Cafe」に出演
2月 — グループ展「Cat Art」参加(蔦屋書店、大阪)

2015 年

— ドキュメンタリー映画「城崎にてアート」上映会(城崎・温泉寺)
— NTV系「ZEROヒューマン」(『ニュースZERO』内コーナー)出演
— 「音のない山崎まさよし –LYRIC IS POEM」展を蔦屋書店(湘南T−SITE)にて開催
— ブックディレクター幅允孝さんと対談 蔦屋書店(湘南T−SITE)
— NTV系「ニュースEvery」にて特集
— 作品集出版記念展「CA」を蔦屋書店(湘南T-SITE)にて開催
— ドキュメンタリー映画「城崎にてアート」上映会(湘南T−SITE)
— 「音のない山崎まさよし –LYRIC IS POEM」展を蔦屋書店(大阪)にて開催
— トーク&ライブペインティングat大阪ステーションシネマ(ゲスト:山崎まさよし、谷川俊太郎)
— ドキュメンタリー映画「城崎にてアート」上映会(大阪・蔦屋書店、兵庫・豊岡劇場)
— 「川の風祭り」アート展(兵庫県竹野)に参加
— NHK山陰「ニュースピック」にて特集
— NTV系「ニュースEvery」にて特集
— ドキュメンタリー映画「城崎にてアート」試写会(鳥取)
— 音のない山崎まさよし –LYRIC IS POEM」展を蔦屋書店(大阪、湘南)にて開催
— 鳥取県倉吉市の河北小学校にてレクチャー
— 城崎文芸館にて(城崎で制作した全ての)作品を展示(現在も展示公開中)
— ランダ全国紙Volkskrantの別冊『V』表紙担当
— カナダのミュージシャンGeorge Kollerのアルバム「Secret Space Program」カバー担当
— 連作襖絵「七湯七句景」を温泉寺に奉納
— 元Blood Sweat & TearsのボーカルDCTのニューアルバム「Combo」カバー担当(全米発売)
— 兵庫県城崎に滞在し個展「温泉と名言」を開催/ オープニングにて中貝豊岡市長と対談
— アメリカのシンガーMichelle Walkerのニューアルバムカバー担当

2014 年

— 鳥取県倉吉市の上灘小学校、河北中学校にてレクチャー
— 鳥取県にて移動式アートプロジェクト「Sunarbucks」を展開
— リサ・ローブ東京公演オフィシャル撮影監督
— ロックバンドKC Roberts & the Revolusionsのニューアルバムカバー担当(カドカワより日本発売)
— ミュージシャンJames Bruce Mooreニューシングル「Soul’s Journey Home」PV監督
— ミュージシャンHISAKAのPV「Water is wide」監督
— コンピレーションアルバム「You’ve Got a Friend: A Tribute to Joshua Wolff」アルバムカバー担当
— ミュージシャンFern Lindzonのシングル「Jazz at the bookstore」PV監督
— トロントのスターバックスにて「Sweet Capital」展を開催

(2013年より以前の略歴は英語版をご覧ください